HOMEお酒販売の流れ

お酒販売の流れ

フローイメージ

「お酒を販売したい」と思っても国から免許されていないと販売することはできません。
国税庁(税務署)に免許申請をして免許されないと販売業者とはなれないのです。
しかし、昔は高かったこの免許取得のハードルもさまざまな規制緩和政策により低くなっています。
もし、「酒類販売業界に参入したい。」「お酒の販売がしたい。」と思われた方はご連絡ください。簡単なご説明ができます。
場合によってですが免許取得のお手伝いも出来ます。
上記で「飲食店」としましたが、居酒屋さんやバー、スナック、レストランなどのサービス業の場合、「お酒の販売」にはあたらないので免許は必要ありません。

取扱銘柄全国マップ

自社製品(PB)のご案内

採用情報

ラジオCM "TOKYO FM(80.0)"にて放送中

SEIEI清栄

楽天│お酒と食料品の卸問屋 紀伊國屋